野菜酵素の効能について

人の体の中には数千もの酵素があるといわれており、
食べ物を消化するのを助ける消化酵素や新陳代謝を助ける代謝酵素などがあります。
人の体には本来これらの酵素を体内で生成する力があるのですが、
加齢とともに酵素を作る力は弱ってきます。

酵素が少なくなるとどうなる?

20歳前後をピークにその後少しずつ減少し、40歳を過ぎると殆どの人が
不足気味になるといわれています。
体内の酵素が減ると消化や新陳代謝が悪くなります。
抵抗力や免疫力が弱くなり病気にかかりやすくなるのです。

酵素を補う必要がある

そこで体外からの酵素の補給が必要になります。
果物や野菜には人間が生きていくうえで必要不可欠な酵素が沢山含まれています。
野菜などの食べ物から野菜酵素などを摂取することで、
体内の消化酵素の消費を軽減し、代謝酵素の生成を助けることができます。
そのため野菜酵素を積極的に摂取することで、新陳代謝が高まり、
太りにくく疲れにくい体作りの助けとなります。

ところが野菜酵素は熱に弱く48度を超えると殆どが死滅してしまいます。
そのため野菜酵素を効果的に摂取するためには野菜は加熱しすぎないよう、
また生の果物も積極的に食べるようにしたいものです。
特に皮のすぐ下に酵素を含めた栄養成分が豊富に含まれています。
リンゴや柿などは皮ごと食べるのがお勧めです。
人参や大根などもできれば皮を剥かずに食べたいものです。
見た目は悪くなりますが、家庭用なら問題なく食べれます。

しかしながら一日に必要な野菜の量は300グラムといわれており、
それを全部生で食べるのは量もかさばるし、毎日必要量を食べ続けるのは大変です。
野菜酵素のサプリメントや液体ドリンクなども販売されており、
これらのサプリメントは野菜酵素の効能が生かされた状態で加工されているので
大いに利用が勧められます。
野菜ジュースを飲めば酵素も摂取できるかというとそうではなく、
市販の野菜ジュースは加工の過程で過熱処理されていたり、
ジューサーミキサーだと野菜酵素は破壊されなくなってしまいます。
低速ジューサーなら酵素を壊しにくいのでお勧めです。
こういった商品を賢く利用し必要な野菜酵素を上手に摂取したいものです。
美容に役立つ野菜酵素の作り方を合わせてお読みください。